« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

アーティストの紹介

オープン展が終了しすぐに、渋谷Bunkamuraギャラリー(6.29-7.8)で、「phantasia」青山ひろゆき(博幸)・前田さつき・野依幸治によるグループ展を行います。これからのブログでは、大きなテーマの一つでもあるアーティスト達との出会いや活動についてご紹介していきたいと思いますので、まずはこのグループ展の出品者でもある3アーティストからお話をいたします。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月29日 (火)

香港クリスティーズ。

オープン展の途中ですが、5.25より香港へ行っておりました。今回の香港クリスティーズに私共の取扱アーティストである三宅一樹・青山ひろゆき(博幸)の作品が出品されていたからです。香港クリスティーズは、アジアンコンテンポラリーアート(主に中国、韓国、日本の若手アーティスト)のオークションを精力的に行っております。何度もこのブログや雑誌などでもお伝えしておりますが、今回改めて強く思うことがやはり日本人コンテンポラリーアーティストが注目されております。今回のオークションでも日本人アーティストが次々と異常とも思える価格で落札され本当に喜ばしいことですが、この過熱ぶりは尋常ではないような気がします。私は毎回現場でオークションを見ており今、何かが起ころうとしているようなそんな気がしていますが、扱い手側として私自身は地に足が着いた活動を心がけたいと思います。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月22日 (火)

YOKOI FINE ARTと仲間たち①

Photo_1 先日、三宅君が遊びに来てくれました。スタッフとこんな写真を撮っていて、よくダジャレも言うし意外と面白いことが出来るのだと感心しました。他の出品アーティストも来てくれているので、随時ご紹介していきます。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月20日 (日)

YOKOI FINE ART②

今回のオープン展も中盤にさしかかり18日のオープニングパーティーにも大勢のお客様に来廊していただきありがとうございました。名古屋、前橋、広島などからもアポイントメントを入れていただきお客様が来廊してくださった事に驚いております。今、日本の現代美術(コンテンポラリーアート)が世界から注目を浴びており私自身、世界を視野にいれながら若手アーティストをご紹介しています。しかし海を渡る事だけが我々ギャラリストの仕事ではないとも思っております。まずは、日本での評価受けて世界へ発信する事を目標にしていきますので、是非ご高覧していただければと思っております。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月16日 (水)

YOKOI FINE ART①

5.15に新しくギャラリーをオープンいたしました。アポイントメントオンリーのギャラリーですのでどれだけのお客様に来ていただけるか実はすごく心配しておりました。初めてのお客様はすごく勇気をもってご予約していただいたと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんのお花とご予約をいただき多くの人に支えられているのだと改めて思い初日はあっという間に終わりました。本当にありがとうございます。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月14日 (月)

余談

ここ何日か色々な事がありブログの更新ができずにいました。明日、ギャラリーをオープンいたしますが新たにオープンする事がこんなに色々な反応があるとは想像していませんでした。強い思いを持って望んでますし、アーティストには絶対の自信があります。誤解される事があるかもしれませんが振り返らず、信じた道を進みたいと思います。この後のブログに海外での出来事やアーティスト達との出会いなどをより詳しくお話させていただきます。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 8日 (火)

起業⑨

ベルギーは、アントワープなどの観光地も盛んで多くの日本人も足を運びます。アートもアンティークなどが多く近代絵画を取り扱う私にはあまり仕事がないと思っていました。パリ、ロンドン、ドイツなどは日本人ディーラーも含め世界のディーラー達が集まりますので私の力ではとうてい太刀打ちできません。ベルギーには宝石商の知人がおりましたので、その知人を通じて日本人作家の紹介をさせていただきました。これがなかなか評判が良く予想以上のでした。日本のアートに興味のあるベルギー人やオランダ人が居ることを直接知りました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 7日 (月)

起業⑧

パリから列車を使い1時間20分程でブリュッセル駅に着きます。ブリュッセルの駅は、意外に近代的な駅で思っていたイメージではありませんでした。少し暗くなる頃に着いたせいか、みんな足早にタクシーに乗り込んでいます。私もタクシー待ちの列に並びながら辺りを見回すと外国ならではの少し怖い感じがしました。その日はそのままホテルへ向かいました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 6日 (日)

起業⑦

作品の購入を決めたのはいいのですが、カード決済をしようとしたところ限度額が足りずに決済できません。この時は非常に困りました。現金で手付金を支払い、ホテルへ戻り日本時間を待ってすぐに日本のカード会社へ連絡して限度額を上げてもらい何とか購入する事ができ一安心しました。そして、そのままベルギーに列車で向かいました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 5日 (土)

起業⑥

そんな時にパリ市内にあるギャラリーマーグで作品を見せてもらえる事になりました。ギャラリーマーグは、A・ジャコメッティーの作品を生前より専属で取り扱っていただけあって作品も状態も素晴らしい物ばかりでした。しかし販売価格が通常の画廊より高額で悩みましたが、作品の状態が当時のまま完璧に保管されていますしこの機会を逃すと二度と手に入らないと思い、その中で一番気に入った作品を購入する事に決めました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 4日 (金)

起業⑤

パリの画廊を幾つか回りやっと作品を見せてもらえる事になりました。探していた作品は、A・ジャコメッティーの版画です。見せてもらったのはいいのですが、状態が最悪でした。紙は焼けているし折り目もついてしまっています。海外ではそれほど気にしないかもしれませんが、私自身とてもではありませんがお客様に紹介できる作品ではないと思いました。版画は状態がすべてといっても過言ではありません。最近の技術で修復をすれば完璧になると思いますが、それでは風合いが消えてしまいます。さてどうしたものかと思っていた時に・・・。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 3日 (木)

起業④

なんとかホテルに到着し早速パリ市内にあるギャラリーを見にいきました。以前パリに来たのが8~9年前で、この時で2回目でしたが街並みはほとんど変わっていませんでした。老舗の画廊などを回り目的の作品を探して歩きました。しかしアポイントもいれず突然行くのですからなかなか作品をみせてもらえる画廊はなく1日、2日と経っていきました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年5月 1日 (火)

起業③

お客様や友人などに助けられなんとか年を越すことができました。そのお客様の中で、ある作家の作品を収集したいと要望があり、すぐにパリへ向かいました。もちろん一人で、海外へ買付けなどしたことがありませんので、さてどうしたものかと思いながらパリのシャルルドゴール空港に着いたことを思い出します。その時は、英語もろくに話せませんしホテルに行くまでも一苦労でした。

YOKOI FINE ART HP

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »