« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

青山ひろゆき(博幸)②

S 青山ひろゆき(博幸)さんの作品を初めて拝見した時の印象からお話させていただきます。東北芸術工科大学教員展(東和ギャラリー)にLEGOで遊ぶ子供たち(50号S)の作品を出品していました。私の若手アーティストの好みは、技術力があり現代的な感性や感覚を表現できるアーティストです。青山さんは・・・・。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月29日 (金)

青山ひろゆき(博幸)①

Photo_8 本日よりBunkamuraギャラリーで、グループ展『phantasia』が始まります。出品アーティストでもある青山ひろゆき(博幸)さんのご紹介をさせていただきます。青山さんとは、2004年東北芸術工科大学教員展で知り合いました。東北芸術工科大学には以前から親交のある花澤洋太さんが勤めていることもありご紹介いただきました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月27日 (水)

前田さつき⑦

1 このブログで前田さつきさんのご紹介をしてまいりましたが、6.29-7.8Bunkamuraギャラリーにて『phantasia』と言うグループ展を行います。作品点数15~16点、作品制作に一年間の時間と努力を費やした新作の展示となりますので、ぜひご高覧下さい。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月26日 (火)

前田さつき⑥

Monsters_bride 前田さつきさんにBAS2006(Bunkamuraギャラリー)へ作品を出品していただき、この展覧会で一つ私の中で確信めいた事がありました。前田さんの作品を数点、外国の方が購入してくれたようです。この事実にとても嬉しく思いこれから何かが起こる予感を感じさせられました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月24日 (日)

前田さつき⑤

No11 前田さつきさんにBAS2006(Bunkamuraギャラリー)に作品を出品していただく事にしました。ボールペンでの作品にもだいぶ安定感がでてきてそろそろ勝負ができるそんな気がしていました。しかしこの時点で前田さんと知り合ってからもう5年近く月日が経っていましたのでご本人は色々な不安があったと思いますが、私を信じてついて来てくれた一人です。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月22日 (金)

前田さつき④

Photo_6 前田さつきさんの作品の良さは、ボールペンを使い写実的で技術力のある表現だけではないと思っております。決して今はやりのデザイン性の強いものではないですし日本的でオリエンタルな感じでもありません。しかし彼女の持つ内面の精神性が作品に表れていてとても意思を持ったアートだと私は思っています。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月21日 (木)

前田さつき③

Photo_5 まずは2003年のFIELD OF NOW 2003「形象改革」展(洋協アートホール)へ出品していただきました。この時の作品は、前田さんと打合せをしキャンバスに油彩でボールペンは使わずに制作してもらいましたがなかなか苦戦したようでした。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月20日 (水)

前田さつき②

Photo_4 「Dssing・Festa」(ビックサイト)での展示をみてすぐに声をかけさせてもらいました。当時勤めていた画廊に他の作品を持ってきてもらい拝見させていただきましたが、これがすごく面白かったのです。私自身は池田学さんと言うペンで表現する作家を見ていましたので特に抵抗はありませんでしたが、その頃はまだ今ほど若手コンテンポラリーアートが注目されていませんでしたのでボールペンで描く作家がどこまで認めてもらえるか、どのように打ち出していくか考えました。

YOKOI FINE ART HP

|

2007年6月19日 (火)

前田さつき①

本日より前田さつきさんのご紹介をさせていただきます。前田さんとは2001年の「Dssing・Festa」(ビックサイト)で初めて作品を拝見いたしました。ハガキサイズの紙にボールペンで描いてある気持ち悪い絵だなぁ・・・と思ったのが第一印象でしたが、まさかブースの中に_1__3いるかわいらしい女の子が作家とは思いもよりませんでした。

YOKOI FINE ART HP

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »