« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月23日 (水)

アーティスト・ギャラリスト・過去・未来

『アーティスト・ギャラリスト・過去・未来』

アーティストは何をするべきか!ギャラリストは何をしなければいけないのか!

そして過去と未来はどうなっていくのか!

私なりに経験した事や思う事をお話しさせていただきます。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月13日 (日)

アートビジネスプラン

 本来ならば、もう少し解りやすく明確にアートビジネスプランについてお話ししなければいけないところなのですが、どこまで素直にお伝えしていいものか解らずブログを更新しながら考えました。(う~ん!)

ならば、これからのYOKOI FINE ARTの動きを見ていただくことで、より核心に触れたお話ができると思います。

次回からは『アーティスト・ギャラリスト・過去・未来』を更新いたします。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月10日 (木)

アートビジネスプラン

 などと!夢を追い求めながらリアルビジネスを展開していく事が、アーティストの価値を高めることだと今でも本気で考えております。『まだまだ青いな』と言われてしまいそうですが、アーティストとともに活動することがYOKOI FINE ARTのスキームであり、アートビジネスプランなのです。

私事なのですが、創業時より協力してくれたスタッフが退職することになりました。ありがとう。。。本当にお疲れさまでした。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月 9日 (水)

アートビジネスプラン

 最近では若手作家が注目を集めておりますが、以前では考えられませんでした。

数年前にある人からこんな事を言われたことがあります。『横井君、生きている作家を扱うのは大変だね。物故は楽だよ何も言わないから。』なるほど!確かにそうだ。

しかし、アーティストも作品も生きている。一緒に築き上げて行くのだ!こんなに面白い事はない!

YOKOI FINE ART

|

2008年7月 7日 (月)

アートビジネスプラン

YOKOI FINE ARTは若手作家を中心に扱うギャラリーとなります。

 以前にもブログでふれましたがギャラリーオープンに向けて、IT・ベンチャーなどの特に若手経営者の本を熟読いたしました。古い習慣の美術業界しか知らなかった私にとってとても新鮮で、ビジネスの仕方が確信犯的なのです。

とにかく驚かされ、「今までのやり方では全く通用しない」と思いとにかく考えました。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月 4日 (金)

アートビジネスプラン

 アートにおけるビジネスプランは、各ギャラリーにおいて大きな違いがあると思います。物故作家の作品を扱う画廊、現存作家でも著名な画家を扱う画廊、海外作品を扱うギャラリー、現代美術を中心に扱うギャラリー、プライマリーギャラリー、セカンダリーギャラリーなど、細かく言えばもう少し分かれますが、扱う作品や作家の傾向によってビジネスプランは大きく異なると思います。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月 3日 (木)

アートビジネスプラン

 それでは、少し真面目なお話をしたいと思います。

その前にギャラリー業務ついて簡単に触れておきますが、これはあくまでも私自身の未熟な経験からの見解なので大目にみていただけたらと思います。

①ギャラリーの仕事はギャラリースペースでのexhibition、国内外におけるアートフェアの参加、市場の確立、ミュージアムでのexhibition、スタッフの育成。

②ギャラリストの仕事は将来性を見据えたアーティスト探し。

これからお話させていただくアートビジネスプラン・・・いわゆる事業計画です。

YOKOI FINE ART

|

2008年7月 1日 (火)

チョコット寄り道

では、ほんの少しだけ寄り道いたします。

YOKOI FINE ART所属のアーティスト、前田さつきさん

のインタビュー記事がアップされました。

PEELERのなかのPeopleです。

とてもいいインタビューになりましたので見てください。

YOKOI FINE ART

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »