« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ARTHK10①

ARTHK10(アートフェア)に行ってきました。

ものすごい入場者数でビックリです。

それでは、少しご紹介いたします。

Dscn0821
コンベンションセンターで開催です。


Dscn0822_2
いきなり名和晃平です。ヤバい!かわいいなぁ。

Dscn0825_3
そして、宮島達男の作品はカッコイイ!


Dscn0824_3
カプーアは世界的なアーティストです。


Dscn0827
ダミアンハーストのSolo Exhibition。。。


Dscn0826
感動!っす。


YOKOI FINE ART

|

2010年5月30日 (日)

いきなり

藤原由葵個展「出てこい!藤原由葵」も本日で終了しました。


みなさまありがとうございました。

そして、いきなりですが海外出張です。


Dscn0819_6
電車の中。

Dscn0820_2
ここはどこでしょう?


YOKOI FINE ART

|

2010年5月28日 (金)

最終日

明日(5.29)は「出てこい!藤原由葵」の最終日です。


濃密な藤原由葵の世界をご堪能ください。


Thewayofthewhitehole_2
“The Way of The White Hole”oil on canvas 91x116.7cm


Thewayoftheblackhole
“The Way of The Black Hole”oil on canvas 91x116.7cm


YOKOI FINE ART

|

2010年5月27日 (木)

ギャラリーのお仕事。

アートのお話をもう一つ。


最近の際物アートとお洒落コンテンポラリーはいささかどうなのでしょう。


クオリティーとテクニックの高い際物のアートは十分に理解ができます。コンセプトがハッキリしていてデザイン的な空間を生かす、お洒落コンテンポラリーも理解できます。


派手でクオリティーの低いアートが多すぎませんか?


展覧会のDMを見て。


お!

っと思い展覧会を見に行くのですが大抵、実物の作品よりのDM写真がキレイに見えるのです。(よく見えるのはいい事なのですが。。。)

問題ですよね。


アーティストと作品は生き物なので、生の感覚を伝える事がギャラリーの努めだと思います。


YOKOI FINE ART


|

2010年5月26日 (水)

ギャラリスト

最近、若いギャラリーやギャラリストが多く出てきています。

国内や海外のアートフェアでの販売も少しづつではあるようですが、徐々に上がってきました。

とても素晴らしい事です。


私自身もそうでしたが、最初は現代アートのルールや常識、そして展開のしかたなどはイメージでしか考える事しかできなかったので実践で培ってきたように思います。

考えすぎて頭でっかちになるのではなく常識にとらわれず突き進むほうが、もしかしたら活路が見出されるのかもしれませんね。

何も知らない事は勢いを生むので大きな夢を見る事ができます。

逆に知った時には大きな壁に突き当たります。

常にチャレンジですね。。。

香港のアートフェア「ART HK 2010」が明日から始まります。日本からも誰もが知っている現代アートのギャラリーが集まりますのでトップクラスのアートフェアになるでしょう。


YOKOI FINE ART
スタッフブログを更新しました。


|

2010年5月24日 (月)

最近は。。。

アートと少し離れたお話です。

最近、ギャラリーの近所にある歯医者に通っています。

キーン!と音は怖いのですが、、、(^-^;

あれれ、痛くない。

100517_1141151_2
アシスタントに「大人でも虫歯になるんですね。」と言われ!ショック。


その後、ランチへ。

100521_1258571_2
ここは東麻布。


麻酔がきいていたので口の中がザクザクでした。(o^-^o)


YOKOI FINE ART

|

2010年5月21日 (金)

とある月曜日。

ギャラリーは月曜日が定休日です。


ですが、


ほとんど毎週、仕事が入ります。(。・w・。 )


なので。。。

広尾でランチミーティングをしました。


Dscn0816
たまにはこんなカフェもいいでね。

Dscn0814_2
このランチは何だったかなー?(´ρ`)ぽか~ん

YOKOI FINE ART


|

2010年5月18日 (火)

出てこい!⑥

「個展がしたい!」と藤原さんに問いかけたところ。。。

ん!!!!

それはそうです。一方的に私の方で存じ上げていましたが、ご本人は全く知りませんでしたので当然の反応だと思います。


それから藤原さんの所へ通う日々がはじまりました。


何度も展覧会について話し合い、個展の合意をいただいたのです。


様々な時間が経過し、そんな想いから“出てこい!藤原由葵”とタイトルを決めさせていただきました。


お時間がございましたら是非、お出かけ下さい。

YOKOI FINE ART


|

2010年5月15日 (土)

出てこい!⑤

“VOCA展2008”のレセプションで藤原さんとお会いする事になります。

普段はレセプションなどはあまり行く事がないのですが、久しぶりに藤原由葵の作品を見れるとなれば話は別です。VOCA展も2002年の曽谷朝絵さんを見に行く以来でした。


ちょうど、二年前は現代アートがブームで異常なまでに加熱しておりました。


なんでもありの現代アートが中心の中で、みなさまのVOCA展に対する評価はどのようなものか分かりませんが、やはり私にとって藤原由葵の作品は別格でした。


技術力も精神性もコンセプトもダントツです。


そして。。。

ご本人とお会いし「藤原さんの個展をしたい!」と直談判するのです。

YOKOI FINE ART

|

2010年5月14日 (金)

出てこい!④

当時、東京芸大には藤原由葵さんと同世代にもう一人。気になるアーティストがいました。

橋爪彩さんです。

特に自画像は最強で、今でも強く印象に残っています。


ご本人にも直接会って話を聞く事ができました。しっかりと自分自身を持っていて未来のビジョンもあったのだと思いますし、この時すでに将来大物の雰囲気が漂っておりました。

大学を休学してドイツに渡ってしまいご縁が無かったのですが、私自身では橋爪さんの作品を今でもコレクションさせていただいております。


当時の女性アーティストは当たり世代だったのかもしれませんね。

話がそれてしまいましたが、藤原さんとは「VOCA展2008」で再会します。


YOKOI FINE ART


|

2010年5月13日 (木)

出てこい!③

藤原由葵の作品を拝見して、もっとも印象に残ったのが東京芸大の修了展(2006年)の時です。

同年に佐藤美術館(信濃町)での個展も圧倒的な作品ばかりで“やっぱりスゴイな!”と、これしか言葉が浮かびませんでした。


その時に感じた事を思い出すと技術力とイマジネーションの面白さ、そしてなにより作品が強い!

当時は今ほど美術大学での青田買いが盛んではありませんでしたが、なんとかコンタクトできないかと考えていて、大学の知り合いに聞いてもなかなか会う事ができませんでした。

さてさてどうしたものか。。。

私もYOKOI FINE ARTを立ち上げたばかりで、ヨーロッパ・アメリカ・アジアへとにかく渡って走り回っていた時期でしたが、いつも藤原由葵というアーティストを気にしていました。

YOKOI FINE ART


|

2010年5月12日 (水)

出てこい!②

藤原由葵個展「出てこい!藤原由葵」(5.11-29)の展示をご紹介いたします。

ミュージアムのイメージを意識した展示にいたしました。


けっして広いギャラリーではありませんが、みなさま足をお運びください。


R0016166
入口にはメインの“寿星女王”と“寿星大王”。。。

R0016173
そして“The Way of The Black Hole”と“The Way of The White Hole ” です。


R0016176_2
資料も充実しております。


YOKOI FINE ART


|

2010年5月11日 (火)

出てこい!①

本日より藤原由葵個展「出てこい!藤原由葵」(5.11-29)が始まりました。


まずは展示の準備です。

Dscn0812_2
今回も気合いが入ってますよー!

Dscn0813_3
藤原さんの言葉です。

YOKOI FINE ART


|

2010年5月10日 (月)

インパクト

藤原由葵個展「出てこい!藤原由葵」(5.11-29)が明日より始まります。


藤原さんのお話はのちのちブログでご紹介いたしますので。。。


この展示はとにかく見て下さい。

Queenpart1
“寿星女王”2010 oil on canvas 162x130.3cm(部分)


YOKOI FINE ART

|

2010年5月 8日 (土)

京都グルメ

アートフェア京都の会場(ホテルモントレ京都)近くで朝食をいただきました。


伊藤園のレストランです。


Dscn0788
お洒落なレストラン。和食がメインです。


Dscn0790
なかなか美味しかったですよー。

YOKOI FINE ART

|

アートフェア京都

“アートフェア京都”は三条のホテルモントレ京都で開催中です。

5.7(金)、8(土)、9(日)の3日間ですのでお見逃しく。。。

Dscn0786
移動中。。。アシスタントの中野が撮影しました。


R0016153
展示はホテルの客室。

R0016151_2
平田あすかさん(中)が遊びに来ました。


YOKOI FINE ART


|

2010年5月 6日 (木)

シークレット?

韓国から戻り、“出てこい!藤原由葵”(5.15-29)の準備の真最中!

です。

シークレットに進めています。m(_ _)m

Dscn0785
閉ざされた扉.....お楽しみに。


YOKOI FINE ART

|

2010年5月 4日 (火)

SEOUL グルメ

またまたグルメのお話。

最後の日に韓国伝統の料理をいただきました。


なんでも王様が食べていた。


との事。

Dscn0774
水キムチとお粥みたいなモノ?

Dscn0776_3
チャプチェとチジミです。ちょっとイメージとは。。。


Dscn0781_3
この踊りは小さい頃にみんな踊るそうです。


Dscn0783_2
隣で食べていたアメリカ人達は大喜びでした。

Dscn0714_3
やっぱり!コレですよねー。(o^-^o)


YOKOI FINE ART


|

SEOUL PHOTO ⑥

初めてソウルフォトに参加して思いましたが、韓国だけではなくアジア全体では写真作品の認知度はまだまだ低くこれからですね。

しかし、とても面白いマーケットになると再確認いたしました。


Dscn0738_3
西村、竹原ともに若い人達に人気でした。


Dscn0744
本当にこれからです。


YOKOI FINE ART


|

2010年5月 3日 (月)

SEOUL PHOTO ⑤

ソウルフォトに出品されている作品を簡単にご紹介させていただきます。

韓国の写真は国民性のイメージと違いわりと静かな作品が多いので驚きました。


まだまだこれからですね。韓国の写真マーケットは。


日本もそうですが。。。


写真のコレクターとファインアートのコレクターが集まると面白いのですが!


Dscn0759_2
若手のギャラリーです。


Dscn0760_3
大人しめですね。


Dscn0761_2
韓国っぽいですかね。


Dscn0763_4
こちらは同じ日本かの出展のエモンフォトギャラリーさん。好きな写真です。

Dscn0762_2
同じ麻布のご近所でした。

Dscn0768_2
これは写真ですかね?


Dscn0769_3
韓国では少しインテリアっぽい写真がウケていました。


Dscn0771_2
こちらも日本からMEMさんです。

YOKOI FINE ART


|

2010年5月 2日 (日)

SEOUL グルメ

このブログはアートはもちろんの事。

グルメ???
にも力を入れています。ね!(;д;)


そんなわけで、韓国のグルメをご紹介!

Dscn0728
場所はソウル市内。

Dscn0729_4
お洒落な感じですねー!


Dscn0732_2
実は焼き肉(豚)っす。

Dscn0734_3
これ...一人前です。恐ろしい!


YOKOI FINE ART

|

2010年5月 1日 (土)

SEOUL PHOTO ④

ソウルフォト2010では、特別企画として森村泰昌さんのSolo Exhibitionを行っています。

韓国でも人気の高い森村さん。

ご本人も会場にいらっしゃいました。

Dscn0722_6
特別ブースになっています。

Dscn0721_9
インパクトのある作品ばかり!


Dscn0724_4
流石です。

Dscn0723_5
展示もいいですね。


Dscn0739_2
サイン会にも多くの人が並んでいました。


YOKOI FINE ART

|

お知らせ。

本日、YOKOI FINE ARTでは三宅一樹個展“氣”が最終日となります。これまで、展覧会には多くの方々が来場していただき本当に嬉しく思います。


銀座の貸し画廊で初めて作品を見て以来、三宅との出会いはもう十年近くになりました。


今回がYOKOI FINE ARTでの初めての個展になり、ここまでくるのに長かったような短かったような複雑な想いが生まれています。


アーティストと一緒に目標へ向かって行く難しさや、世の中に認めていただく事は一年や二年でどうなるものではありません。


華々しく見える事も地道な努力の積み重ねだと信じています。


私は今、韓国にいます。


展覧会の最終日に立ち会えない事の寂しさを感じていますが、三宅ともどもこれからが本当のスタートだと気持ちを新たにしていきたいと思っています。


三宅より上手に彫る人もいるでしょう。


型が良くて人目をひく人もいるでしょう。


ですが、精神性は負けません。


最後に本物の彫刻をご覧下さい。


YOKOI FINE ART

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »