« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月22日 (金)

JEREMY KOST“ In Living Color ”

ジェレミー・コストはジェンダーやセクシャリティ、ナイトライフをテーマに撮り続けている写真家です。

テキサス州、コーパスクリスティで生まれた彼は、現在ニューヨークを活動のベースにしていますが、カリフォルニアの砂漠で男性モデルを撮影したと思ったら、ピッツバーグの道を気取って歩くドラッグクィーンを撮りに行くなど、世界中を飛び回って活躍しています。

被写体の選び方やテクニックの面など、ウォーホールに強く影響を受けており、ウォーホールが生み出した手法であるポラロイドカメラ、シルクスクリーン印刷工程などをさらにクリエイティブに発展させています。

コストのポラロイド作品を見ると、それはシルクスクリーンの基礎がそのまま表現されているだけでなく、それがさらに精巧に無数のレイヤーとして配置された、フォトコラージュになっています。
~ジェレミー・コストが日本初のSolo Exhibitionに対してのコメント~
「これらの作品では、私が撮影した被写体のキャラクターを自然且つビビッドに捉えました。被写体のパーソナリティを大胆に強調し、ド派手な衣装と、全体のトーン、
背景へのこだわりによってこれを実現させました。」
 JEREMY KOST  Solo Exhibition “ In Living Color ”
2013年11月22日(金)-12月14日(土)
14:00-19:00 日・月・祝休廊
12:00-19:00 土
@YOKOI FINE ART

Jeremy6jpeg

“Bleeding Eyes, Bleeding”    2012    Polaroid Collages    52x60.9cm

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »