カテゴリー「クリスティーズ」の記事

2009年5月27日 (水)

@香港

現在の現代アートにおける状況を確認する為に香港で行われた
「クリスティーズ香港」へ行きました。

Pict0451

オークション会場は静寂でしたがフタを開けてみれば、落札率
や落札価格などはとても素晴らしい結果となっており、特に
イブニングセールではワールドレコードがでるなど大盛況でした。

う〜ん!やはり素晴らしい作品はいい評価を受けるのだと少し
安心しました。


2007,2008年の日本の現代アートブームで我先にと香港を
訪れる日本のディーラーやプライマリーギャラリーのみなさんも今
のこの状況の中では見る影もありません。

半端なプライマリーのみなさんにとっても香港での市場などはさほど
興味がないのですかね?

2006年に初めて香港に行き本気で世界マーケットに乗り込みたいと
思っていた私にとっては何とも言えないくらい悲しい気持ちになりました。

今の状況はあの頃と同じように私の目に映ります。。。

YOKOI FINE ART

|

2007年5月29日 (火)

香港クリスティーズ。

オープン展の途中ですが、5.25より香港へ行っておりました。今回の香港クリスティーズに私共の取扱アーティストである三宅一樹・青山ひろゆき(博幸)の作品が出品されていたからです。香港クリスティーズは、アジアンコンテンポラリーアート(主に中国、韓国、日本の若手アーティスト)のオークションを精力的に行っております。何度もこのブログや雑誌などでもお伝えしておりますが、今回改めて強く思うことがやはり日本人コンテンポラリーアーティストが注目されております。今回のオークションでも日本人アーティストが次々と異常とも思える価格で落札され本当に喜ばしいことですが、この過熱ぶりは尋常ではないような気がします。私は毎回現場でオークションを見ており今、何かが起ころうとしているようなそんな気がしていますが、扱い手側として私自身は地に足が着いた活動を心がけたいと思います。

YOKOI FINE ART HP

|