カテゴリー「ビジネス」の記事

2009年9月16日 (水)

駒沢公園ハウジングギャラリー 2/2

引き続き「KOMAZAWA MUSEUM×ART」のご紹介をさせていただきます。


R0013570_2
キッチンに長谷川冬香。久々ですね。

R0013585_2
ベッドルームにはカワイイ写真の木寺紀雄。

R0013591_2
書斎には石居麻耶のペーパーワークス。文学的ですねー!

R0013602
キッズルームはヤッパリ、青山ひろゆき。

R0013612_2
リビングにはISSOの写真。。。カッコイイ!

YOKOI FINE ART

|

2009年9月15日 (火)

駒沢公園ハウジングギャラリー 1/2

駒沢公園ハウジングギャラリーにて開催中の「KOMAZAWA MUSEUM×ART」(9.12-27)に参加しています。

YOKOI FINE ARTは旭化成ヘーベルハウス(モデルハウス)にて展示中です。。。

R0013539_2
近代和室に野依幸治。

R0013548
和と平田あすか。

R0013553
城戸悠巳子のショートケーキのデッサン。

R0013557
junko oharaの写真も合いますね。

YOKOI FINE ART

|

2009年8月21日 (金)

お知らせ!

ART TAIPEI 2009への参加に伴い前田さつきと永瀬武志の版画を発売いたします。詳しくはYOKOI FINE ARTのHPをご覧下さい。


Pict0048
前田さんがサイン中。。。

Pict0049
いい感じですね。

Photo
前田さつき 「夕闇が待ちきれなくて」 イメージサイズ:29.5x21cm
限定30部 オリジナルサイン入り

26
永瀬武志 「26℃」 イメージサイズ:38.5x49.5cm
限定30部 オリジナルサイン入り

YOKOI FINE ART

|

2009年6月 5日 (金)

白金アートコンプレックス

白金にありますアートコンプレックスに行ってきました。ここには今をときめく現代アートのギャラリーが数多く入っていて、スペースもいいし言うことないですね。

Pict0505_2
アートビルっていいなー!w(゚o゚)w

Pict0504_2
3Fに入っている“山本現代”の山本さんに色々とお話が聞けて大変勉強になりました。

Couverture_146_ok_mise_en_page_1
西村美和がエールフランスの機内誌「AIR FRANCE MAGAZINE」で特集されています。パリへお出かけの時はエールフランスでご覧なってください。( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

YOKOI FINE ART

|

2009年5月 8日 (金)

攻める。6/6

最後に私自身は、アートに新しいも古いもなく素晴らしいアーティストや作品は時代を超えると信じております。

そんなアートを目標にこれからも攻めていきます。

YOKOI FINE ART

|

2009年5月 7日 (木)

攻める。5/6

ノープランで挑むアートフェアほど、見る側も参加する側もつまらない事はありません。。。。

手元にある作品を並べてそれとなく展示し、なるべくリスクを少なくする。わかります。が!ここは見せどころでしょう!!!

だって一年に一回のアートフェアですよ。気合い入れていくべきです。楽してはダメですよね。

アーティストとして、ギャラリストとして自分たちが何を見せたいのか、なにを伝えたいのか。それが全てです。

YOKOI FINE ART


|

2009年5月 6日 (水)

攻める。4/6

アートフェアは、ビジネスの場でもありますから作品の販売もとても大切です。通常業務は近代美術中心の画廊なのにアートフェアの時だけ若手作家を発表し育成って。。。どうなんでしょうね。

我々のような小さな現代美術のギャラリーにとうてい真似のできないスケールの大きな作品や展示を見てみたいです。
YOKOI FINE ART

|

2009年5月 5日 (火)

攻める。3/6

なぜ?日本でのアートフェアの参加ギャラリーは、今まで築き上げてきたギャラリーとしての方向性とは全く異なったアーティストや作品を展示する近代画廊や古美術商が多いのでしょうか?アートフェアと言うのは、ギャラリーの展開やアーティストの活動を沢山の方々に見ていただく場ではないのですかね。
YOKOI FINE ART

|

2009年5月 4日 (月)

攻める。2/6

アートフェアについてお話しさせていただきます。アートフェアの出店ギャラリーは古美術、近代美術、現代美術のカテゴリーに分類されています。これは世界共通です。日本も近年のコンテンポラリーブームだった事もあり日本人若手アーティストの発掘と発表を盛んにしておりました。日本のアートフェアにおいて現代美術に関して言えばプライマリーとセカンダリーの区別がハッキリしているように思うのですが、アートフェアへの参加にあたっては、古美術や近代美術においてはあまり規制やルールがないように思います。
YOKOI FINE ART

|

2009年5月 1日 (金)

攻める。1/6

私の中でアートフェア参加は最強です。そして、すべてはそこから始まりました。

海外のアートフェアへの参加を最大の目標にして、その気持ちに今も変わりはありませんが、最近の日本のアート事情について思う事があります。

YOKOI FINE ART


|